11/21 vol.1014 TiA (ゴスペルクイーン) [つちやRYU’S BARゲスト情報]

artwork-440x440

11/21 vol.1014 TiA (ゴスペルクイーン)

https://tia-official.com/

ニューヨーク在住。世界基準の実力で日米を拠点に活躍中のゴスペルアーティスト。

2004年、16歳でソニー・ミュージックグループのエピックレコードジャパンより自身作詞作曲による1st シングル「Every time」でメジャーデビュー。

続く 2nd シングル「流星」が人気アニメ『’NARUTO』のエンディングテーマとなり、スマッシュヒット。

NHK『POP JAM』やフジテレビ『めざましテレビ』でのパフォーマンスも話題となり、1st アルバム『humming』は【第19回日本ゴールドディスク大賞2005 ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー】を受賞する大ヒットを記録する。

2012年、ポニーキャニオン ナイフエッジからリリースした 3rd アルバム『Love Attendant』収録曲は、music.jp 着うた総合1位、レコチョク・クラブうた6作連続1位を記録。横浜 BLITZ で2回のワンマンライブを成功させる。

2014年、デビュー10周年を機に、歌手活動を辞めるつもりで単身ニューヨークに移り住む。2016年、日本に残してきた愛犬の死をきっかけに訪れたニューヨークのハーレムにある教会でゴスペルミュージックと出会い、黒人クワイアの一員として活動を始める。

同年、35年以上の歴史を誇り、2万人規模のスタジアムで開催されるアメリカ最大級のゴスペル大会『マクドナルド・ゴスペル・フェスト』に出演し、グループ部門のリードヴォーカルとして日本人初優勝の快挙を達成。

その後も、同大会ソロ部門で3年連続ファイナリストになった他、『スタテンアイランド・ゴスペルフェス』『Brooklyn X Factor』『A Star is Born』など数々の大会でソロイストとして日本人初優勝を飾るなど、ゴスペルの本場アメリカでその実力を認められ、一躍その名を知らしめた。

その活躍ぶりは数々のメディアにも注目され、2018年には世界的に有名な『ニューヨーク・タイムズ』の一面に TiA のゴスペル人生の記事が掲載され、全米を代表する TV ネットワークの『NY1』や『FOX5 NEWS』でも特集が組まれた他、アメリカ15都市30公演に及ぶ全米ツアーを大成功させるなど大きな話題となり、『クーリエジャポン』の特集 “世界が認めたジャパニーズ6人” にロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手らと共に選出される。

2019年6月、アメリカでの活躍を受け、デビュー15周年を記念したおよそ7年半ぶりとなるアルバム『MIRACLE』をソニー・ミュージックレーベルズ アリオラジャパンよりリリース。

NHK 総合『うたコン』、日本テレビ『スッキリ』『今夜くらべてみました』、TBS『PLAYLIST』『UTAGE!』、テレビ東京『THE カラオケ★バトル』『ひるソン!』、tvk『関内デビル』『吉井さん』などのテレビメディアをはじめ、ラジオ、WEB、雑誌、新聞など日本でも多くのメディアに出演、紹介された他、ゴスペルワークショップを開催、数々のゴスペルフェスティバルに出演するなど、そのゴスペルの本場で認められた圧倒的な歌唱力と存在が大きな注目を集めている。

TiA「Rejoice」11月18日 配信開始
https://VA.lnk.to/RpAsm0


つちやRYU’S BAR 毎週土曜日19:00~20:00、日曜日17:00~18:00(再)


■ ネット一覧(+日はFM YAMATO放送日からのずれる日数です)

・埼玉県(入間市)FMチャッピー 77.7MHz 毎週日曜日 22:00~ +1日
・埼玉県(鴻巣市)フラワーラジオ 76.7MHz 毎週月曜日 19:00~ +9日


提供

じゃんぼ洗車センター
Cafe Jack in the Box (旧 CafeJoren)
ししくらセレモニー

新年あけましておめでとうございます。

スポンサー